更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



column 2018.3.23
 
real local
「自分を編集する力」を身につけるためのライタースクール -福岡-
安田洋平(Antenna.inc)
 

R不動産の編集メンバーがいろんな地域を巡って行っているライティングのスクール。神戸、鹿児島、金沢につづいて福岡でも開催。4/14(土)・15(日)、「FUCA▶︎LAB」にて。参加者募集中です!

※イベントは終了しました。ありがとうございました。

会場はこちら。中洲の北側にあります。

キャラバンスタイルで、不定期にいろんな都市に赴いて実施している2日間集中型のライタースクール。神戸、鹿児島、金沢と行ってきて、次は福岡で開催させてもらうことになりました。

今の時代、編集やライティングといった技能は、そのプロでなくても必要となる場面が増えていると思います。
同じ事柄でも「どう言うか」によって全然効果も違う。
自分のしている事業や活動も、伝え方によっては精彩を欠いたものにも見えてしまいます。
言い換えれば、自分の価値観や世界観をきちんと言葉に変換できれば、いい反応を返してもらえる可能性は低くない。

・ ・という主旨で続けていて、具体的には

(1)記事の書き方についてのレクチャー
僕はこれまでずっとR不動産やreal localなどの媒体でコラムの赤ペン先生的なことをしているのですが、してしまいがちなミスや、原稿を手直しするコツがあるので、そうした留意点を中心に、レクチャーさせてもらいます。

(2)原稿の執筆
開催1週間前くらいになったら僕から参加者にメールを差し上げ、何についての記事を書きたいかについて、会話させてもらいます。そして、当日、1000字程度の原稿を書いてもらいます。
2日目午後からは完成した原稿を個別に講評します。その人と文章のキャラを見ながら、人毎に陥りそうな注意点や、その人の長所を伝えさせてもらいます。

(3)インタビュー実践
文章は書くのも大事ですが、それと同じくらい、聞くスキルが重要。話をちゃんと聞けていないから上手く書けていない原稿って多い。言い回し以前に、文章にとって重要なことは情報がそこに入れ込めているか。ということで、実際にインタビューしてもらいます。

おおむね、そんな感じで行っています。

ちなみにこのライタースクールを続けている目的のひとつとして、R不動産やreal localのライターとしてお付き合いのできそうな人を発見できたらということがあります。スクールをきっかけに僕らのライター候補になっていただける方と出会えたら嬉しく。もちろんその際には原稿のチェック・赤入れを継続的にさせてもらいます。その経験をもとに後々いろんな媒体でライターとしての仕事を広くされるようになるのであれば幸いです。

もっとも、スクールのプログラムは、事業やお店をされている方の広報スキルを上げたり、個人で情報発信している方にとっての技術のトレーニングになるようにつくっていますから、参加者それぞれの動機でご参加いただければ結構です。どうぞお気軽に。

詳しい講座内容は以下情報欄をご覧ください。

講師プロフィール
安田洋平 (株)アンテナ代表取締役・編集者。2003年、東京R不動産の立ち上げに参加。以後ウェブのコンテンツ監修やグループサイト立ち上げサポートを担当。書籍『東京R不動産』『東京R不動産2』『団地に住もう!東京R不動産』『全国のR不動産』編集。R不動産のローカルガイドウェブ「real local」編集。神戸の暮らしと働くを紹介するウェブマガジン「KOBE live+work」編集・執筆。NHK日曜美術館ホームページ「出かけよう、日美旅」企画・構成・執筆。「神戸移住のための地図」「金沢トライアルステイマップ」「IKI 7DAYS MAP」「KIRISHIMA RETREAT MAP」など、地域を再編集する地図の作成。2014年に神戸に移住。http://antenna-web.jp/

R不動産の書籍の編集を担当。

地域を違った視点から発見する地図なども編集。写真は金沢トライアルステイマップ。

最近、「壱岐」と「霧島」のマップもつくりました。

都市プロモーションサイトの記事なども制作しています。こちらは神戸のサイト「KOBE live+work」。

レトロビルをリノベーションしたシェアオフィス「FUCA▶︎LAB」。→参考記事(real local)

■日時:2018年4月14日(土)・15日(日)

■会場:FUCA▶︎LAB(フーカ デルタ ラボ)  ※福岡R不動産が運営するシェアオフィス

■住所:福岡市博多区中洲中島町4-12

■料金:2万5000円(消費税込/喫茶代込)

■公共交通:こちらを参照ください FUCA▶︎LAB・アクセス

■スケジュール:
<4/14 Sat.(1日目)>
12:45 受付
13:00-13:20 講師挨拶/参加者自己紹介
13:20-15:00 原稿の書き方レクチャー
15:100-15:20休憩
15:20-18:45 記事執筆
18:45-19:00 翌日の説明など
19:00- 懇親会・飲み会 ※任意
<4/15 Sun.(2日目)>
10:00-12:00 インタビュー実践/順番が回ってこない間は執筆継続 
12:00-13:00 昼食
13:00-15:00 記事提出→個別に講評
15:00-15:10 休憩
15:10-30 総評
15:30-16:00 real local/R不動産など僕らが行っている媒体についてのガイダンス ※任意
閉会

■持参品:
ノートPC、デジカメ、テレコ(スマホの録音機能でも可)、筆記具、ノート、USBメモリ(もしくはそれに準ずるデータを渡すためのメディア)

■参加資格:
年齢・経験問わず 発信の必要を感じている人

■お申込み:
こちらより「ライタースクール参加希望」と書いてご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

■備考:
・お支払は当日受付時にお願いいたします(現金のみ)
・食事・懇親会費用は各自負担 参加費には含まれません
・講座中に完成しなかった記事については、後日メールにて指導継続させてもらいます
・できるだけ2日間トータルの参加を推奨しますが、もし1日だけの参加希望される方はご相談ください

■主催:株式会社DMX/福岡R不動産

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal福岡
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本