更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



column 2013.6.27
 
Rトピックス
古民家でお店、やりませんか(2)~佐賀県佐賀市柳町
鈴木みのり(OpenA)
 

OpenA(=東京R不動産を運営)が進めている佐賀市内の古民家リノベーションプロジェクト。いま、その古民家を使ってくれるテナントを募集している。近い将来、この建物・このエリアで店舗、アトリエ、活動拠点などとして興味のある方はまずは見に来てほしい。7月6日(土)、7日(日)14:00〜見学会・相談会を行います。詳細はコラム末尾をご覧ください。

※募集・イベントは終了いたしました。ありがとうございました。

今回の募集は「旧久富家住宅」で3テナント、「森永家住宅」で2テナント。

江戸の鎖国時代に長崎と小倉をむずぶ街道はシュガーロードとも呼ばれ、日本でもっとも新しくモダンな物品が流通していた。その面影が色濃く残っているのが佐賀市柳町歴史地区。佐賀市がその歴史的建造物の再整備に乗り出した。その方法は、保存ではなく活用。対象は、2つの旧家「旧久富家住宅」「森永家住宅」だ。歴史が私たちに残してくれた資産に敬意を払いながら、外観は復元し、インテリアはこの時代にあった役割へとリノベーションしていく。

旧久富家

大正初期から中期にかけて建てられた大きな木造2階建の建築。もともと明治初期に佐賀市内の白山町で履物商をしていた久富氏が、柳町に「履物問屋久富商店」として建てた。下駄などを製造・販売するかたわら、住居もあわせもった大型の町家だ。かつては住む場所と働く場所はつながっていたのだ。履物問屋の後は、集合住宅、事務所、店舗としても使われた。

左:明治前期、白山町時代の久富商店の版画絵。軒に吊るされた大きな下駄看板がキャッチー。右:今も残る柳町時代の看板。

上:長崎街道から見る久富家。下左:クリーク側から見る久富家。下右:秘密の抜け道のような路地。

この建物はふたつのボリュームで成り立っていて、1階には建物の間を抜けられる秘密の抜け道のような路地がある。なんだかわくわくしてしまうその路地を抜けるとクリークに面した大きな中庭にでる。ここはほっと和める緑の多い中庭にする計画だ。1階には庭と通りをつなぐカフェや雑貨などの店舗など。2階には小さなアトリエやショールームといった活動拠点が並ぶオープンで賑やかなシェアスペースを想定している。

久富家リノベーションイメージ。南側の庭をうまく活用する気持ちいい店舗を想定している。

森永家

江戸・寛政年間(1789年〜1801年)頃に煙草をつくり始めたと伝えられている森永家。大隈重信侯もここの煙草の愛煙者だったらしい。今残る建物は明治時代前期に建てられ、その後、明治時代の終わりには呉服店、大正から昭和の初期にはダンスホールであった記録が残っている。時代に応じて姿を変えながら今に残っている。「北蔵」「南蔵」「居宅」の3つの建物によって構成され、その間の中庭のような空間がいい。この3つの建物をそれぞれ異なるテナントに賃貸する計画だ。森永家は昨年度に先行してテナント募集をして、「北蔵」が国産紅茶専門店「紅葉(くれは)」に決定している。今回のテナント募集は「南蔵」と「居宅」になる。

左:長崎街道から見る森永家、右側の建物が「居宅」。右:クリーク側から見る「南蔵」。

「南蔵」のリノベーションイメージ。3階建てを2階建てにリノベーションする予定だ。

募集要項

時間が蓄積した空間に包まれて仕事をするのも、なかなかいい。この柳町歴史地区が、穏やかで美しい佐賀の新しい日常風景になることを願い、まちを一緒につくっていくテナントを募集します。

■募集対象 
1.「旧久富家住宅」1階東(約100平米)
長崎街道に面し、南側の庭へとつながるスペースです。飲食店や物販などの店舗を想定しています。

2.「旧久富家住宅」1階西北(約75平米)
蔵造りの建物で、長崎街道に面したスペースです。

3.「旧久富家住宅」1階西南(約20平米)
長崎街道から路地を進んで奥まったスペース、隠れ家的な場所にぴったりです。

4.「森永家住宅」南蔵(約136平米)
クリークに面した3階建て蔵造りの建物。2階建てにリノベーション予定で、1階は物販等の店舗、2階は倉庫などのバックヤードを想定してします。

5.「森永家住宅」居宅(約115平米)
北と南にボリュームがあり、それを細い廊下がつなぐ平屋建ての建物。ぐるりと中庭を囲む形です。北側のボリュームに店舗、南側を事務所と想定しています。

■スケジュール
※エントリーの受付は終了いたしました。
エントリー期間:平成25年7月1日(月)〜2013年8月5日(月)
1次書類選考結果通知:平成25年8月上旬
2次審査:平成25年8月上旬
結果通知:平成25年8月下旬
テナントとして佐賀市と契約等締結:平成25年度中の予定
活用開始:平成27年2月〜

■賃料
使い方や広さによって応相談です。柳町を市民に開いたまちへと変えて行くことが目的なので、弾力的に考えられています。個別相談に応じますので、興味のある方はお問い合わせください。

■内装工事費
テナント決定後に設計に入るので、インテリアはある程度テナントの要望を取り入れる予定です。什器など建物に付随しないものや一般的でない設備工事などは設計・施行含めてテナント負担となります。

見学会・相談会の詳細

※見学会・相談会は終了しました。

OpenA 馬場からプロジェクト概要などの説明、学芸員の方から建物の歴史の説明を行います。柳町には、重要文化財の旧家や洋館もあるので、観光もかねてお気軽にお越し下さい。

日時:
平成25年7月6日(土)14:00〜(2時間程度)
平成25年7月7日(日)14:00〜(2時間程度)
会場:佐賀市柳町4-16「旧久富家住宅」
交通:佐賀駅バスセンター4番のりばから11.佐賀大学・西与賀線または12.佐賀大学・東与賀線で呉服元町バス停降車、徒歩3 分。
※当日は旧久富家住宅と森永家住宅を自由に見学できます。あわせて相談会も実施しますので、相談会ご希望の方は事前にご連絡をお願いします。
問い合わせ先:佐賀市企画調整部都市デザイン課デザイン係
〒840-8501 佐賀県佐賀市栄町1-1 TEL/0952-40-7103 FAX/0952-40-7387
※当日は旧久富家住宅と森永家住宅を自由に見学できます。あわせて相談会も実施しますので、相談会ご希望の方は事前にご連絡をお願いします。

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal福岡
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本