更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



2016.2.8

 
「町の仕掛け人たちが語る那珂川町のいま」イベント開催
 

最近その名前を耳にすることが増えてきた那珂川町(なかがわまち)。なぜ、この町が注目されつつあるのか、なぜ、僕らはこの町が気になってしまっているのか、那珂川町で様々なプロジェクトに関わっているゲストとともに、いろいろな視点から町のいまを熱く語らうイベントを開催します!

※イベントは終了いたしました。ありがとうございました。

夕暮れの那珂川町南畑地区

福岡市の南に位置し都市部から車を30~40分も走らせればたどり着く那珂川町、なんとなくはわかるけど、あまりよく知らないと言う人が多いのではないでしょうか。

(那珂川町については、こちらの福岡R不動産コラムもご覧ください。)


そんな那珂川町で今、何か面白いことが始まろうとしています。いや、実はもう始まっているのかもしれません。

今回登壇してもらうのは、那珂川町でプロジェクトに関わってきた下記のメンバー。

・博多南駅前ビルの活性化を進めていることとば那珂川アポロ計画LOCAL & DESIGN)さん。
・那珂川にあるレトロビル五反田ハイツのリノベーションを手掛けるスペースRデザインさん。
・五箇山ダムに新しくできる商業施設の検討やグリーンピアなかがわのイベントに携わるダイスプロジェクトさん。

そして、那珂川町と協働で南畑地区の移住促進事業を進行中のわたくしたち福岡R不動産


登壇者それぞれが考える那珂川町の魅力や課題についてショートプレゼンと、クロストークを行います。

日々、福岡で色々なことを仕掛けている面々が、今、この町に集まっているのは、なにやら偶然とは思えません。また、今回の登壇者がイベントでこうやって一堂に会するということ自体、かなりレアな組み合わせ。きっと、普段見られない掛け合いをお楽しみいただけるはず。

左:グリーンピアなかがわでのSUMMER PICNIC(ダイスプロジェクト) 右上:五反田ハイツリノベーションルーム(スペースRデザイン) 右下:走れ!空想新幹線コンテスト(こととば那珂川)

野菜の無人販売所

当日は那珂川町を五感で感じていただけるよう、地元の美味しい食材を使用した料理もご提供いたします。
町の生産者さん自慢の野菜やお米、鶏肉、卵などを、会場であるHABITさんに調理していただきます。

なんとなく、那珂川町が気になる方、山里暮らしに興味がある方、
"なかがわづくし"の一夜を、是非ご一緒しませんか?

※このイベントは「那珂川町南畑地区移住促進事業」の一環として行います。


▼スピーカー:
坂口麻衣子(こととば那珂川)
1983年福岡県出身。九州大学芸術工学部を卒業。2011年5月よりアイランドシティ・アーバンデザインセンター(UDCIC)設立に携わる。現在はアイランドシティ、那珂川町のまちづくりに携わりつつ、ワークショップユニットnina ninoとして、生の松原を拠点に子どもたちとともに創作活動を展開中。


北嵜剛司(スペースRデザイン)
1980年生まれ、福岡市出身。大学で空間デザインを学んだ後、家具デザイン会社、店舗デザイン施工会社を経て、2008年スペースRデザインに入社。福岡市内を中心に築30年超の建物の再生企画・デザイン・工事及びプロモーション業務を行う。那珂川町では「五反田ハイツ」のリノベーション企画及びデザイン、プチメディア「Nakagawa Life Fant!」の運営を行っている。


橋口敏一(ダイスプロジェクト)
1985年2月10日鹿児島生まれ。学生時代にフランスの最も美しい村々66村を一年間放浪したことと、山口県萩市の古い町並みや観光まちづくりにふれたことがきっかけでダイスプロジェクトへ入社。普段は店舗デザイン、住宅のリノベーションからまちづくりの企画に至るまで総合的な視点から楽しい「場」づくりに携わる。将来の夢は、愛する福岡や九州の魅力向上に貢献すること。そのために、まず企画する人間が柔らかい頭を持つことが大切だと考え2013年より社内の部活的な活動としてアナバ不動産を始める。アナバ不動産を通じて、福岡が魅力的な街になるきっかけのきっかけを作っていきたいと考え、日々まちで妄想している。


坂田賢治(福岡R不動産/株式会社DMX)
独自の視点で物件を紹介する不動産メディア「福岡R不動産」を運営する株式会社DMX所属、福岡県内20の自治体と移住促進プログラム「トライアルステイ」を企画・運営。学生時代は京都と大阪で建築の意匠設計と創造都市論を学び、 27歳で就職を機に地元福岡にUターン。飲み会と本があれば基本的に幸せな31歳独身。

※イベントは終了いたしました。ありがとうございました。

日時 2016年3月1日(火) 19:00~22:00(開場18:30)
会場 Lunch & Pub "HABIT" 
住所 福岡県福岡市中央区大名2-1-50-2F(MAP
定員 60名
料金 1000円(那珂川町の食材を使った料理+2ドリンク付き)
主催 福岡R不動産(株式会社DMX)・那珂川町
備考 Peatixによる事前予約が必要となります。
お申し込みは下記URLよりお願いいたします。
http://peatix.com/event/147514

このブログについて
 

海も川も緑も、そして街も空港も、なんだってすぐそこにある福岡。東京から移住して、気づけばその魅力を満喫すべく、会社を立ち上げたり、倉庫のような物件を改装してオフィスにしたり、果てには芥屋の海沿いに土地を買ってしまったり。徐々に増えていく福岡R不動産のメンバーとともに、この街の魅力を再発見する日々を綴ります。
福岡R不動産トップページへ


著者紹介
 

本田雄一
長谷川繁
坂田賢治
松尾隆文

カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本