更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



2012.2.16

 
シェアの原点  〜心地いい環境を共有する〜
平位草(福岡R不動産/DMX)
 

「シェア」 もうこの言葉を聞かない日はないくらい、この「共有する」という概念は私たちの生活に浸透してきました。物の豊かさから心の豊かさへ。希薄な関係性を脱し、つながりを求めて。新たな価値観のもと、物が、空間が、情報が、あらゆるものがシェアされる時代を迎えてようとしている今、その原点に立ち返るような場所が福岡で生まれました。

福岡市の中心部天神から電車で4駅ほど南へ向かったところにある住宅街高宮。賑わう駅前を抜け、入り組んだ住宅街の坂道を上がって行った先の民家をリノベーションしオフィスを構えた建築事務所、Hiroyuki Arima+Urban Fourthの代表有馬さんと恒川さんにお話を伺いました。

----この場所を「シェアする」そうですね

「ここはこんなふうに高台になっていて眺めがいいでしょう。こんなに気持ちのいい場所を自分たちだけで独り占めしたくはなかったんです。自分たちは1階をオフィスに、あとは2階の一部を書庫に使うくらいだから、空いているスペースを人に使ってもらったらいいんじゃないかと思って。応接スペースや小さなキッチンも使っていいので、言わば、外の風景と中の環境を共有するというイメージ。ここは実は築40年以上経っているんだけど、少し手を加えさせてもらって、新しい空間として生まれ変わらせようと。ここは冬は寒いし、駅からも少し歩く。効率的ではないけど、ここで人と会いたい、また行きたいと思うよう場所になっていくと思うし、そんな場所を人と共有したいと自然に思ったんです。」

----どんな人に来てほしいですか

「詩人とかどうですか(笑)いやいや、それは冗談だけど、ここではとにかく面白いことをやったらいいなと思っています。こちらからこう使ってと指定することはないから、例えば自分で考えてこの場所の使い方をイメージできる人がいいでしょうね。自分たちはここに来て、ああ、とっても風が通って、酸素の濃度が濃くて、自分はこんな環境が欲しかったんだなという気がしました。これから来る人も、無理にとんがってなくていいから、ここで何かに気づいて自分でやりたいことをすればいいんです。そういう意味では誰もがここで詩人になれると思う。与えられるより発想するほうが面白いでしょう?そんな感覚の若い人たちがチャレンジする場所になったらいいと思っています。下の階にはバーカウンターを作っているからそこでイベント的にバーをやってもらってもいいし、玄関の外の打ち合わせスペースでバーベキューをしたりとか、いろんな人が来るように定期的にイベントを開催したらいいかなとかいろいろ考えてはいるけど、こちらが型にはめるつもりはありません。重いものを持ち込みたいなら柱を補強すればいいし、寒かったら火鉢を置いてもいい。自分で考えて自分で使う、そんな人が来てくれたらいいですね。」

----住宅街だけど、結構自然に囲まれていますね

「窓の外の桜は実は隣の敷地のものなんです。右手には高宮八幡宮の茂みも見える。ここは建物の中からも自然が感じられて、外みたいな、縁側みたいな場所かもしれないですね。この間、業者さんに掃除してくださいって言ったら、雑草を抜こうとされて、雑草はそのままで!って必死に止めました。枝とかを拾ってもらうくらいでいいと思っていたんだけど、確かに普通はそう言われたら雑草を抜いちゃいますよね。でも整えられた自然ってどうですか?やっぱりどうも強くは惹かれなくて。オフォスもそうだけど、駅から濡れないで行けるとか、年中温度が一定とか、それは便利ではあるけど、豊かさとは違うような気がしています。駅から歩いているうちに周りの景色が変わったり、張りつめた冬の朝の空気を感じたり、季節ごとに咲く植物を眺めたり、ときどき隣の空手道場の声が聞こえてきたり(笑)何でもキレイに整っていないといけない人はここには向かないかもしれないけど、この場所はそんな人をもインスパイアしていくかもしれないですね。」

コミュニティづくりのために、ビジネスが生まれる場として、時に空室対策として、「シェア」がだんだんと商業の歯車に巻き込まれつつあることを感じてきていた中で、「この場所を人と共有したいと思った」という答えがなんだかとても自然なことに感じられました。この場所に集まる人からきっと何かが生まれていくのだろうけど、そのことを目的にしていないし、そのための手段でもない。だから、与えられることに慣れ、得られるものに期待をする人にとっては何をしていいかさえ分からない場所かもしれない。

でもきっと難しく考えないでいいんだろうな。
少し膨らんだつぼみをつけた桜の枝を見ながらそんなことを考えました。
この桜が咲く頃、ここには新しい人が来て、少し賑やかになって、その後もずっと変わり続けるのでしょう。ここがどんな場所になっていくのか、これからも見守り続けたいと思います。

このブログについて
 

海も川も緑も、そして街も空港も、なんだってすぐそこにある福岡。東京から移住して、気づけばその魅力を満喫すべく、会社を立ち上げたり、倉庫のような物件を改装してオフィスにしたり、果てには芥屋の海沿いに土地を買ってしまったり。徐々に増えていく福岡R不動産のメンバーとともに、この街の魅力を再発見する日々を綴ります。
福岡R不動産トップページへ


著者紹介
 

本田雄一
長谷川繁
坂田賢治
松尾隆文

カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal福岡
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本