更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



2008.8.9

 
福岡RELAXエリア探訪〜志摩町編〜よりリアルな自然を求めて
 

都心部の発展ぶりと、少し足を伸ばせば自然エリアというギャップこそが福岡という街の面白さだ。

海も山も川もお濠も、中心部からすぐ近くにある福岡ですが、都心の自然とは一味違うダイナミックな自然を求める方にオススメなのが志摩町。
福岡の中心・天神から車で1時間とかからない志摩町には海も緑も、おいしい野菜や海の幸もあります。

今回はそんな大自然エリアへの小旅行。ドライブ気分でお付き合い下さい。
と言っても中心部から1時間足らずで行けてしまうのだから、十分に通勤圏内であることもお忘れなく。

1.まずはサンセットロードの入口、二見ヶ浦。

志摩町の海沿いを走る海岸線"サンセットロード"。ここ二見ヶ浦からは博多湾を出て外海となるため、海のきれいさも断然変わってくる。
海辺の道沿いにはカフェが並び、とにかく良い雰囲気。日本じゃないみたいだ。

ついつい立ち寄ってしまうカフェ。毎日ここで過ごしたいという衝動に負けないように。

2.海も山も欲しいんだ。

海岸線から一旦内陸に入ると、海とは打って変わって山景色。 ドーン!と田んぼ・緑・山。
近くで海もあれば山もある。これが福岡の良いところ。欲張りな自然好きさんも満足のナチュラルライフ。

用水のせせらぎを横目にビニールハウスを発見。

なにか売ってます。これは...花の苗。ガーデニングなど一切しないぼくでもなぜだか花でも育てようという気持ちになってしまう。
この辺りには他にも新鮮で安い野菜や卵も売っていて、オーガニックな生活を始めたい人にはもってこい。

散歩の途中のキンタくん。きっと彼も花が好きになったに違いない。

3.芥屋でサーフィンを。

のんびりした田舎景色を横目に車を飛ばすと、次に現れるのが福岡有数のサーフポイント、芥屋(ケヤ)だ。

ここが芥屋のサーフポイントの入口。

向かいの駐車場に車を止め、このサーフ感溢れる看板横目に松林の間を抜けていく。
芥屋がいいと思うのはこんな雰囲気のある海へのアプローチがあることが大きな要因ではないだろうか。
遠くにうっすらと見える出口の光と海への期待感、普段感じることのない緑からのパワーを全身に浴びながらこの道を抜けていく。
その時間が一番贅沢なのかもしれない。木立を抜けて海に出るとこんな海岸が広がっているのだから。

4.芥屋に穴場の住宅地があるらしい。

海岸線をまた少し進む。すると芥屋のポイントからほんの数百メートル先にちょっとした住宅地が現れる。
気にしていないと家が一軒二軒ポツンとあるだけなので、見過ごしてしまうかもしれないが、穴場の物件を探すのが仕事の「福岡R不動産」としては絶対に見逃せない場所だ。海の手前には緑地帯があり、それに面して土地が並んでいる。

福岡R不動産でも募集中の土地。この土地の向こうは緑地帯、そして海が広がっている。さぁ、何を建てましょう?

この一角にはとんでもないオマケがついている。それは、海への(ほぼ)プライベートアプローチ。木立の間を抜けて歩いていく海への秘密の通路があるのだ。ほぼこの一角の人しか使わないので、ほぼプライベートアプローチ。木立を抜けて海へ散歩する毎日というのはどんな気分だろうか?サーフィンを始めてみたくなるかもしれない。

5.船越の志摩ラウベンコロニーは海を高台から眺める絶好の地。

芥屋を通り過ぎ、志摩半島南西部に位置する船越へ。船越は漁港でも有名だが、別荘地としても有名。ただ、別荘地という言葉はちょっと馴染みにくい。一握りの裕福な層が余暇を過ごすための贅沢な家という感じがして、なんだか近寄りがたい感覚。
実際には別荘地という昔つけられた呼び名が残っているものの、ここにメインで住んでいる人や、都心にも家を持ち、1週間のライフサイクルを両方で楽しむダブルハウスという住み方の人だっている。土地や建物の価格が安い志摩町だからこそできるライフスタイルかもしれない。

船越にあるのは志摩ラウベンコロニーという住宅街。入口にゲートがあり、警備員の許可がないと入れないという元別荘地独特のセキュリティシステムを持っているが、中に入ってしまえば、崖地に家が立ち並ぶ住宅街。高台だけにその眺望は息を呑むほど。

(左)こんな道を進んでいく。(右)崖の上からの眺望はこんな感じ。プライベートビーチまであるらしい。恐るべし、船越。

6.船越漁港で焼がきを食べる。

船越の丘を下ると、ふもとには漁港が広がっている。漁港がある=新鮮な魚が安く食べれる。ちなみにココでは漁港で揚がった魚介類が食べられる。高台から海を眺め、腹が減ったら漁港に腹ごしらえをしに降りてくる。なんて贅沢な暮らしだろうか。

いかがでしたか?志摩町ツアー。

海があるから魚がうまいし、景色もいい、サーフィンだってできる。
山があるから緑が多く、空気もいい。
畑があるから野菜もうまいし、安いし新鮮だ。

そして、なにより、福岡の中心部まで1時間とかからない。こんなに贅沢な土地は全国見渡しても、そうないのではないだろうか。

都心とどれほどの距離に居を構えるかというのはそのままライフスタイルに直結しているはずです。
東京では1時間ほど郊外に向かってもきっとそこはまだ住宅地でしょう。しかし、福岡ではこれほどまでダイナミックに自然を感じられる 場所にたどり着けるのです。時間の制約が東京よりもかなり有利な福岡。そのアドバンテージを存分に活かしたライフスタイルの選択を すべきでしょう。天神徒歩圏内に住むのも良し。中心部で自然を感じながら暮らすのも良し。志摩町でよりリアルな自然を感じながら生活するのも良し。

福岡というのは本当に良い街だ。こんなに贅沢な選択肢があるのだから。

今回の散策ルート。

このブログについて
 

海も川も緑も、そして街も空港も、なんだってすぐそこにある福岡。東京から移住して、気づけばその魅力を満喫すべく、会社を立ち上げたり、倉庫のような物件を改装してオフィスにしたり、果てには芥屋の海沿いに土地を買ってしまったり。徐々に増えていく福岡R不動産のメンバーとともに、この街の魅力を再発見する日々を綴ります。
福岡R不動産トップページへ


著者紹介
 

本田雄一
長谷川繁
坂田賢治
松尾隆文

カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal福岡
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本