更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



2010.3.16

 
開業のススメ 女性編
 

最近、立て続けに女性のお客さんがお店をオープンしている。

開業というと、3ヶ月で黒字化を目指す!なんて鼻息の荒いイメージを思い浮かべるかもしれないが、福岡R不動産で物件を決めていただいた方々は、古かったり路地裏にあったりと、賃料が控えめな物件を選ぶことが多く、どちらかというと、ほんわかマイペースにスタートしている。

というわけで、今回は2つのケースをご紹介してみます。


1)アパートの1階に、小さなパン屋さんを開業

南区大楠にオープンしたのはベーカリーショップ「コウブツ」。

お店の入っている建物は、大和荘という名前のコテコテの木造アパート。その1階部分は、小さな土間空間と奥に4畳半の和室というかわいらしいサイズの箱だった。奥からおばあちゃんが出てきそうな駄菓子屋さんっぽさがあり(実際は違うのだが・・)、「おばあちゃんの小さな箱」というタイトルで募集することになった。

程なくして物件を決めていただいたのが、「コウブツ」を一人で切り盛りすることになった藤田さん。以前からパン屋さんを開業したいと思っていたとのことで、初めてお会いしたときにはガッツのある女性を想像していたが、これが予想に反してマイペースな方だった。

ところで、これまで福岡「R工事」では、お客さんとコンセプトや作りたい空間のイメージを打ち合わせながら、デザイナーさんや工事業者さんを紹介し、コーディネートするスタンスで改装工事のお手伝いをしてきた。しかし、諸事情により今回はぼくたちが実際に工事をすることになったというのが新しい変化だった。

とりあえず真っ白に塗ってみた。

オープンの日取りが決まったので、フライヤーとか作った方がいいのでは?と藤田さんに投げかけてみても、「いえ、一人でやるし、最初からあんまり多くのお客さんに来ていただいて、品切れだったら申し訳ないし・・・」というほんわかモード。心配してインテリアデザイナーの窪山さんがショップのフライヤーを手作りしてくれたくらいだ。

なんともマイペースな独立開業であるが、打ち合わせや工事が進むにつれ、これも一つの形なのかもしれない、とぼく自身も妙に納得していった。

藤田さん自ら作成中。まさに「手作り」の看板。

無事オープンできました。お母さんが大活躍!頼もしいです。

自分のペースで、小さくても納得できるものを作っていきたい。お店の形に縛られる必要もないし、一人でやれる範囲でやる。というのもとても良い考え方だな、と改めて思った。

コウブツ
福岡市南区大楠3-8-16-大和荘1F
TEL:092-524-1139
営業時間:7時~17時
定休日:月曜、第1日曜

2)古ビルをギャラリーに改装

赤坂のミニビル最上階に現代アートギャラリー「アルドマ」がオープンした。

オーナーは、以前は全く違う業界で営業職をしていたという前田さん。

画家である父・前田齋さんの影響もあり、いずれはギャラリーを通してアーティストのお手伝いをしたいという想いがあったそうだ。業務縮小に伴う勤務先の退職を機に、開業を決意。というなんとも今っぽく、思い切ったライフスタイルの選択にも惹かれるものがあります。福岡R不動産でいくつかの物件を内見し、大通りから一本入った静かな環境と開放的な窓に惹かれ、小さなビルの3階にあるこの物件に決めた。

アートな可動間仕切り。

さらに美術家である弟・前田耕さんがデザインされたというギャラリーの内装も、かっこよくてオススメです。

オープニングの様子。ギャラリーというよりカフェのようだ。

「ギャラリーとしても様々な企画をしていきますが、貸しギャラリーや、イベントスペースとして貸し出すことも考えています。奥の壁は可動式になっているので、企画によって広さを変えることもできるんです。」と前田さん。

「絵そのものはもちろん、絵を飾りたくなるインテリアまで提案したい」とのことで、今後はその場で壁の絵を仕上げるライブペイントを行う予定もあるとか。

飲み屋になっちゃってます。イベントにバッチリの空間。

小さくても自分のお店を持ちたい。そんな憧れを実現することは、ここ福岡においては、決意さえあれば案外叶いやすいのかもしれない。そして、そんな暮らし方を選ぶ方が増えてきているようだ。

Gallery ArtdeMaA(ギャラリー アルドマ)
福岡市中央区赤坂2-2-47-K赤坂ビル3F
TEL:092-791-6281
営業時間:11時~20時

このブログについて
 

海も川も緑も、そして街も空港も、なんだってすぐそこにある福岡。東京から移住して、気づけばその魅力を満喫すべく、会社を立ち上げたり、倉庫のような物件を改装してオフィスにしたり、果てには芥屋の海沿いに土地を買ってしまったり。徐々に増えていく福岡R不動産のメンバーとともに、この街の魅力を再発見する日々を綴ります。
福岡R不動産トップページへ


著者紹介
 

本田雄一
長谷川繁
坂田賢治
松尾隆文

カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal福岡
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本