更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



2009.3.24

 
大濠に面したマンションの一室を住居兼アトリエに
 

福岡R不動産で入居を決めてくださったお客様のお宅にお邪魔して来ました。
今回、伺ったのは、明治通り沿い大濠に面してたたずむ、ヴィンテージマンションの一室。
グラフィックデザイナー李惠(りけい)さんが、改装して住居兼アトリエとして使っている物件です。

まるで大濠公園が我が庭かのようにそびえる、言わずと知れたマンション。

なにがすごいって、今回の物件が「改装OKではない」ところです。

真っ赤にデザイン塗装された壁、床一面に貼りめぐらされたカーペット。
どう見ても、これは改装しちゃっていますよね。

ベニヤ貼りのアトリエスペース。リビングだけでなく、この椅子に座りながらも大濠が見渡せます。制作活動もはかどること間違いなし。

募集時は、こんな部屋でした。和室が二間の2LDK。

改装OKの物件ではないため、元々の素材に傷をつけないように工夫。
まず、床はフローリングの上にタイルカーペットを敷き詰めた。

2つあった和室のうち、リビングに面した方は畳を取り外してベニヤを貼り、アトリエスペースに。そして外した畳をもう一つの部屋に重ねたらこんな風に。
うまい!と思わず感動してしまいました。

せっかくの大濠を望む眺望を2倍活かすため、リビングからもアトリエスペースからも景色を望めるようにしたのがポイントだそうです。

そして、この赤い壁。これはベニヤを壁に貼って、色を塗っただけだとか。

屋上は共同の洗濯物干しスペース。もちろん花火大会は特等席に。

改装OKという物件はなかなか少ないものの、元の素材を傷つけない範囲でも
十分に空間を自分好みに変えることは可能なのですね。


[likei] 李惠さんのHPはこちら。
http://www.likeiart.com/

このブログについて
 

海も川も緑も、そして街も空港も、なんだってすぐそこにある福岡。東京から移住して、気づけばその魅力を満喫すべく、会社を立ち上げたり、倉庫のような物件を改装してオフィスにしたり、果てには芥屋の海沿いに土地を買ってしまったり。徐々に増えていく福岡R不動産のメンバーとともに、この街の魅力を再発見する日々を綴ります。
福岡R不動産トップページへ


著者紹介
 

本田雄一
長谷川繁
坂田賢治
松尾隆文

カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal福岡
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本