更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 印象的な青いハコ。
  • 中はこんな感じで前のお店の雰囲気が色濃く残ってました。
  • 自然光だけでも十分な明るさです。
  • 若干のノスタルジーも感じさせてくれたり。
  • 所々の造作も楽しい。
  • 個人的にはコーヒーショップなども合いそうなイメージでした。
  • 当時の陳列棚なんかがちらほら残ってます。
  • 20坪ほどの利用面積となります。
  • 右側の扉向こうにも部屋があります。電気がつかなかったので写真が撮れずでした。
  • にょきっと生える水栓。
  • 天井は全面OSB板です。
  • 大きな鏡を貼ったスペースもあったり。
  • 限りなくブルーですね。
  • 隠し扉。その先は・・・現地でのお楽しみにしておきましょう。
  • タオルホルダー?だったのでしょうか。
  • 味わい深い素材感が全体に漂ってます。
  • 少し深めの茶色がベースカラーです。
  • まるで周囲との調和なんて無視。つ、つよい‥。

印象的な青いハコ。

rent     その他・店舗
伊崎ブルー
 
賃料:
10万円
面積:
72㎡
   
所在地: 福岡市中央区伊崎
交通: 西鉄バス「中央市民プール」停 徒歩2分
管理費: なし
敷金: なし  礼金: 3ヶ月

中央区民プールなどがある伊崎というエリアの道沿いに、とても目を引く青い建物があります。以前から気にはなっていて、勝手に「伊崎ブルー」と呼んでたのですが、このたび新世代募集の情報をキャッチ。


元々はヴィンテージ系の雑貨などを扱っていた店舗跡。

建物内はその頃の面影が色濃く残っていました。


天井に貼られたOSB板、味のある木材が貼られた壁や床、黒の鉄骨やライティングレールなどが印象的で、備え付けの棚などの造作物はそのまま使えそうな感じです。


使い途として物販はもちろん、飲食店も可能とのこと。建物自体の広さはそれほどでもないのですが、カフェなど軽飲食での店舗でも、丁度良いスケール感ではないかと。(他業種もご相談ください。)


さて、そんな内面を持つ本物件ですが、個人的に考える最大の魅力は、その立地と視認性です。


周囲に高い建物もなく、視界の開けた広い道路に面するポジショニング。外観のカラーリングもあり、自然と目が行く感じでとにかく目立つ。


目の前の道はヤフオクドームや博物館などにアクセスする比較的交通量の多い道で、都市高速「西公園ランプ」もすぐそば。登り・下り、どちらの場合でもこの物件の前を通る事になります。


さらに、この通り沿いには話題の大型商業施設がこのたびニューオープン。そこ目当てに前の道を車で通る人々にも発見されやすいという、この立地と見た目は大きなアドバンテージではないかと。


一方で周辺の歩行者については、とても多くの人が行き交う。っていう感じではありません。周りに家しかないような普通の住宅街よりは歩いている感じもしますが、そこはやはりロードサイド店舗としてご認識ください。


あと、個人的に一番気になったのは、専用の駐車スペースがないこと。近くにコインパーキングはありますが、やはり一つのネックかなとは思いますので、その点に関してはご承知を。


ところで、この物件の特徴である「青」という色について。改めて調べてみると「クール」や「控えめ」のような印象を連想させるとのことでした。


が、ここは全く真逆。改めて周りの風景を見渡してみると、その目立つビビッドなカラーは異様で、挑戦的にも映ります。


そして「青」については最近気づいたんです。一般的なイメージのその先があるんだと。


僕はサッカー好きなんですが、W杯でのサムライブルーの熱い戦いを見ていて改めて思いました。赤い炎のさらにその上をいく熱さが「青」なんだと。


お店の経営はたくさんのプレッシャーとの戦いで、あくなき挑戦の連続ですよね。でも、やるからには負けたくない、負けられない。


「絶対に負けられない戦いが、ここにはある。」


伊崎ブルーは、熱い新世代が名乗りを上げるのを待ってます。




  
  
  
  
    

賃料 10万円 専有面積 72㎡
敷金  なし 礼金 3ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 福岡市中央区伊崎
交通 西鉄バス「中央市民プール」停 徒歩2分
建物構造 軽量鉄骨1階建て 所在階 1階
築年 1972年 取引態様 媒介
設備 都市ガス/トイレ
備考 募集戸数:1戸/用途地域:二種住居地域/要火災保険契約
情報修正日時 2018年11月6日 情報更新予定日 2018年12月4日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。