更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 元質屋のシブい外観。写真右が角打ち、左側は福岡競艇。
  • 1Fのレンタルスペース。予約の入ってない日は入居者の溜まり場になってほしい。
  • 棟内で最も広い202号室。この区画のみ分割プランも相談できます。
  • 元金庫の101号室で、こちらは2F部分で、棟内唯一の2層区画。
  • 101号室の1F部分。倉庫感というか、これが金庫感。。
  • 元金庫が伺える101号室の1F扉。こんなオフィスどこにもねーだろ。
  • 201号室はパテが草間彌生みたいな現状。
  • 同じく201号室。窓は2面あるので、明るいです。
  • 3F共用部。このあたりの改装も入居者で手を入れてもいいとか。
  • 302号室。陽光もしっかりあって、気持ちいい。
  • 303号室。入口側は302と同様にラワンの木板。
  • 3Fのテラス。一服するならここ(のはず)。
  • 共用の流し台。ガスは使用不可。
  • トイレも共用で各フロアに設けてます。

元質屋のシブい外観。写真右が角打ち、左側は福岡競艇。

rent     オフィス その他・店舗
ナノツ新時代 ーもっと自由に、さらにカオスにー
 
賃料:
5万4,000円~16万900円 (税込)
面積:
9.04㎡~37.92㎡
  
所在地: 福岡市中央区那の津
交通: 地下鉄空港線「天神」駅 徒歩12分/西鉄バス「那の津口」停 徒歩6分
共益費: 3,240円~5,400円(税込)
敷金: なし  礼金: 2ヶ月

天神徒歩圏では比較的低プライスでアクセスも良いので、クリエイターや起業家、エッジの効いた店舗などの入植で徐々に盛り上がりをみせる北天神エリア。


そこからちょっと北側の「那の津」というアドレス。エリアイメージは倉庫街時々ラブホでしょうか。あとは福岡競艇と、なんともディープ。


今回の舞台は競艇場と角打ち(立ち飲み屋)の間に位置する元質屋。ここをスモールオフィス&レンタルスペースにコンバージョンしようという、カオスの上塗りプロジェクトを小耳に挟んだので、熱烈ご紹介。


間取図をみると、約3坪から最大約11坪の細切れオフィス。モルタル床に、壁は材質むき出しと、ざっくり仕上げの現状渡し。ちなみに、金庫室も貸しちゃうとか。


なお、たまに少し広いスペースを使用したいという方は、入居者特典価格1時間1080円で40㎡のスペースを独占できます。スタジオ、イベント、ポップアップストアなど、1階なので用途は広がるかと。


嬉しいのは相当変わった内装じゃなければ、原状回復も不要(改装内容について貸主の事前承諾が必要です)ということ。


これについて、プロジェクトメンバーに話を聞いたところ。将来的に住む人が入れ替わっていく度、多様性が付加されれば、施設自体のストーリーとしても面白いものになるはずとのこと。


ついては、入居者について特段クリエイターやスタートアップにこだわってることもなく、極端な話、競艇の予想屋さんが入ってもいいとか。那の津という特異な立地もあるので、前もってあまり決め込まず、カルチャーが自然に湧き出てくるのを応援したい!というスタンスにシビれました。


ということで、既にアングラ感はあるものの、まだまだ発展途上。ざっくりな状態を、じっくり楽しんで頂ける方に。


これ、那の津の新時代ぜよ。


  
  
  

賃料 5万4,000円~16万900円(税込) 専有面積 9.04㎡~37.92㎡
敷金  なし 礼金 2ヶ月
償却 実費精算 共益費  3,240円~5,400円(税込)
所在地 福岡市中央区那の津
交通 地下鉄空港線「天神」駅 徒歩12分
西鉄バス「那の津口」停 徒歩6分
建物構造 鉄骨造3階建て 所在階 1-3階
築年 1980年 取引態様 媒介
設備 エアコン/照明ダクトレール/メールボックス
備考 定期借家契約(期間:2/再契約:相談)/募集戸数:5戸/保証会社加入要/現状渡し/原状回復不要(ただし事前に貸主の承諾要)/要火災保険契約
情報修正日時 2018年4月23日 情報更新予定日 2018年8月4日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。