更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • LDK主義の平穏な暮らし (福岡市西区姪の浜の物件) - 福岡R不動産
    ステンレスキッチンに無垢フローリング。
  • 徒歩1分でこの美しい水辺。
    徒歩1分でこの美しい水辺。
  • 角部屋2面の見晴らしの良さ。
    角部屋2面の見晴らしの良さ。
  • キッチンが空間にバシっとハマってますね。
    キッチンが空間にバシっとハマってますね。
  • カシの無垢材で心地良いのです。
    カシの無垢材で心地良いのです。
  • 8.1㎡の個室。
    8.1㎡の個室。
  • こちらは9.3㎡。個室は最小限の大きさの設計。
    こちらは9.3㎡。個室は最小限の大きさの設計。
  • 収納は個室にそれぞれあります。
    収納は個室にそれぞれあります。
  • ステンレスのキッチンは収納も充実。
    ステンレスのキッチンは収納も充実。
  • 3口コンロに十分な広さ。前に窓があるのも嬉しいですね。
    3口コンロに十分な広さ。前に窓があるのも嬉しいですね。
  • バスルーム。浴室乾燥機付き。
    バスルーム。浴室乾燥機付き。
  • 温水洗浄器付き便座。
    温水洗浄器付き便座。
  • 独立洗面台。
    独立洗面台。
  • バルコニーからの景色。
    バルコニーからの景色。
  • 共用部からの景色。名柄川も見えます。
    共用部からの景色。名柄川も見えます。
  • 駐車場もあり。奥に見えるのが水辺。
    駐車場もあり。奥に見えるのが水辺。
  • 心休まる水辺に少し下町感もあり。
    心休まる水辺に少し下町感もあり。

ステンレスキッチンに無垢フローリング。

sale   NEW 住宅
LDK主義の平穏な暮らし
 
価格:
2,790万円
面積:
71.02㎡
   
所在地: 福岡市西区姪の浜
交通: 地下鉄空港線「姪浜」駅 徒歩12分
管理費: 6,900円
修繕積立金: 8,500円

家族を繋ぐLDK主義の設計に水辺の落ち着いた環境。リノベーションされたナチュラルな雰囲気は好みを選ばない上質な空間です。


間取りは2LDK。各個室は必要最小限にして、その分リビングをドカッと広く。家族の時間を充実させながらも寝室や子供部屋、書斎にするなど最低限の個室も完備。ただやっぱりLDKメインのそんな潔い設計には共感させられます。広さを最大限に生かしたリノベーションはこの物件の大きな魅力です。


内装はシンプルで素材にこだわった上質な空間。床はカシの無垢フローリング。段差もなくお子さんが居ても安心です。そしてステンレスキッチン。空間にバシッとハマり、好みを選ばない素敵なお部屋の完成です。キッチンは広めの作りでカウンターキッチンのダイニング側は一面収納となっています。


お部屋は5階の角部屋で2面採光。明るく見晴らしがよく開放感があります。遠くには緑が見えたり共用部からは水辺が見えたりと自然も感じられ穏やかな気持ちに包まれることでしょう。


エリアは姪の浜6丁目エリア。歩いてすぐには名柄川の河口部。近くに姪浜魚市場がありどこか下町感もある穏やかな雰囲気。姪浜駅からも徒歩圏内で中心部へのアクセスも良く、車があればマリナタウンやマリノアシティまでもサクッといけます。


生活のしやすさを求める方には是非ともオススメしたい物件。忙しなく働く方というよりはしっぽり暮らしたいご夫婦や賑やかな子育て世帯にオススメです。


この写真では伝わりきれない魅力的が沢山あるのが歯痒いくらいですので気になる方は是非とも一度ご内覧ください。


  
  
  
  

価格 2,790万円 専有面積 71.02㎡
管理費  6,900円 修繕積立金 8,500円
所在地 福岡市西区姪の浜
交通 地下鉄空港線「姪浜」駅 徒歩12分
建物構造 鉄筋コンクリート造7階建て 所在階 5階
築年 1994年 土地権利 所有権
面積   都市計画 市街化区域
用途地域 第一種住居地域 建蔽率/容積率  
その他費用 取引態様 媒介
設備 システムキッチン/コンロ口数(3口以上)/エレベータ/浴室乾燥機/浴室暖房/温水洗浄便座/オートロック/TVモニタ付きインターホン/防犯カメラ/火災報知機/シューズボックス/全居室フローリング/都市ガス
備考 管理会社:株式会社西鉄不動産/管理形態:全部委託、管理組合有り/総戸数:27戸/バルコニー面積:8.7㎡/現況:空室/引渡時期:即可/ペット不可/駐輪場あり/駐車場あり 月額7,000円(承継不可 空き要確認)/校区:姪北小、姪浜中
情報修正日時 2021年9月6日 情報更新予定日 2021年9月30日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。