更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • ベールに包まれたヴィンテージ (福岡市中央区地行の物件) - 福岡R不動産
    一面緑のサンルーム。さあ、あの椅子に腰掛けてごらん。
  • 実はRC造の本物件、天井は躯体現しです。雰囲気抜群。
    実はRC造の本物件、天井は躯体現しです。雰囲気抜群。
  • 和室。畳の焼けすら味と思えるほど。
    和室。畳の焼けすら味と思えるほど。
  • 一応、窓を跨いでですが屋上に出られます。柵がないので、使う場合は設置義務ありです。
    一応、窓を跨いでですが屋上に出られます。柵がないので、使う場合は設置義務ありです。
  • この外観。最初見たときの衝撃と言ったら!
    この外観。最初見たときの衝撃と言ったら!
  • 2階の個室。グリーンカーテンをくぐれば屋上です。
    2階の個室。グリーンカーテンをくぐれば屋上です。
  • こちらも2階。十分このまま使えそう。
    こちらも2階。十分このまま使えそう。
  • モルタル仕上げの浴室。昔からの雰囲気を残しつつ、素敵です。
    モルタル仕上げの浴室。昔からの雰囲気を残しつつ、素敵です。
  • 浴室の扉。味があります。
    浴室の扉。味があります。
  • 和室の一コマ。ここに座って一日ゆっくりしてみたい。
    和室の一コマ。ここに座って一日ゆっくりしてみたい。
  • 各所建具も良い雰囲気が出ています。ガラス2種を組み合わせ。
    各所建具も良い雰囲気が出ています。ガラス2種を組み合わせ。
  • 玄関周りのかわいさよ。
    玄関周りのかわいさよ。
  • サンルームから。視線的には森でしかない。
    サンルームから。視線的には森でしかない。
  • リビング全景。
    リビング全景。
  • トイレ。
    トイレ。
  • キッチンは更新をオススメします。
    キッチンは更新をオススメします。
  • 玄関までのアプローチ。蘇轍が元気。
    玄関までのアプローチ。蘇轍が元気。
  • アプローチ前に駐車場。
    アプローチ前に駐車場。
  • その角が入り口です。奥にチラッとマークイズ。
    その角が入り口です。奥にチラッとマークイズ。
  • 北側道路。本物件だけ異彩を放っています。
    北側道路。本物件だけ異彩を放っています。
  • 一応、衛星写真を。一際目立ってますね!(引用元 Google社「Google Earth」)
    一応、衛星写真を。一際目立ってますね!(引用元 Google社「Google Earth」)

一面緑のサンルーム。さあ、あの椅子に腰掛けてごらん。

sale     住宅 オフィス その他・店舗
ベールに包まれたヴィンテージ
 
価格:
2億3,000万円
面積:
68.59㎡(建物)
279.68㎡(敷地)
         
所在地: 福岡市中央区地行
交通: 地下鉄空港線「唐人町」駅 徒歩8分
管理費: なし
修繕積立金: なし

森のアトリエ。ではなく、中央区地行の戸建て物件。


ここからたった一つ道路を挟んだ場所に、マークイズ福岡があってPayPayドームも余裕で見えるくらいの距離感。なんて話、信じられますか? 嘘のようだけど本当の話です。


ユニークなのは、建物全体が敷地内の緑によるグリーンカーテンで覆われているところ。まるで海外ヴィンテージみたいだ。

売主さんによる敢えての拘りとのことで、雰囲気的にはめちゃくちゃ素敵。ただ、裏を返せば外壁が確認できない状態ということで、一般的には不動産屋泣かせなポイントだったりします。


だけど、そういう概念とは別のところで「なにこれ、めちゃくちゃ面白い!!」と心から感じたことは確かですし、そこはピュアに反応できる福岡R不動産でありたいな。と思ってしまうのです。


また、この立地ですから。資料を目にした段階では、なにか理由があって時間が止まったように佇んでいるのだろうと考えていたし、場所の良い空き家のようなものだと高を括っていました。


しかし蓋を開けてみると、、大変失礼しました。本物件、めちゃくちゃ現役でした。


大胆に全てを解体して、フルリノベされた古民家ではありません。だけど、少しづつ、そのタイミングで必要な分だけを、暮らしと共にアップデートしてきた痕跡が見て取れて、各所センスに溢れているところにグッときます。なんというか、古き良き建物への愛と、ここで暮らすことへの拘りみたいなものが垣間見えた気がしたのです。


また、要所要所にレトロな椅子達が室内に残されているのですが、それが、この家の心地よいポイントを教えてくれるメッセージのように感じられたり。抽象的で申し訳ないのですが、建物が息をしていることを実感しました。


物件自体、良きポイントに溢れているのですが、一つ一つに理由をつける必要がないというか。

オーナーがここで紡いできた暮らしそのものが、当物件の味とか空気として定着していて、それは写真で感じてもらえれば良いのかなと。そして、それを引き継げること自体が素敵なのだと思います。


さて、少し現実的な話をしましょうか。

短期的な目線でくと、多分いまのままでも普通に住めます。ただし、敷地内の植物達は整えてもらった方が良さそう。現状ジャングルのようですが、綺麗にすればものすごく美しく、森のようなお庭に大変貌を遂げるはずです。


また、外壁の状態は不明ですので、そのメンテナンスも一応念頭に入れておいていただいた方が良いかもしれません。グリーンカーテンの量や距離感などについても、併せて専門家へご相談いただければ。


さらに、この雰囲気であれば住宅以外での活用も視野に入ってきます。飲食店など、都市計画上のエリアとしては活用できる幅も広めなので、建物さえ基準を満たすことができればというところだし、数値的には増築も可能です。


言わずもがな、土地としての資産性は高く、希少な住宅用地とも言えますが、僕はこの建物を含めて惚れ込んでしまいましたので。ここではあえて、解体前提でのお話は控えさせてもらいます。(もちろん、それを制限するものではありません。)


本物件を使いこなせるのは、良い意味でぶっ飛んだ、めちゃくちゃ素敵な方でしょう。


ぜひ、お会いできる日を楽しみにしています。


  
  
  
  
  
    

価格 2億3,000万円 建物面積 68.59㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 福岡市中央区地行
交通 地下鉄空港線「唐人町」駅 徒歩8分
建物構造 鉄筋コンクリート造2階建て 所在階 1-2階
築年 1956年 土地権利 所有権
敷地面積 279.68㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第二種住居地域 建蔽率/容積率 60%/200%
その他費用 取引態様 媒介
設備 給湯/都市ガス/上下水道/温水洗浄便座
備考 地目:宅地/現況:空室/引渡時期:相談/敷地内駐車場(屋根付き)/校区:福岡市立南当仁小学校(約 1,000m)、福岡市立当仁中学校(約1,000m)/接道:北西(幅:7.1m、公道、接面:14.5m、位置指定無、舗装有)、南東(幅:4m、公道、接面:3.9m、位置指定無、舗装有)/ペット可
情報修正日時 2021年6月25日 情報更新予定日 2021年8月15日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。