Rトピックス
糸島トライアルステイ2015 人・町・自然に触れ、移住と本気で向き合う3週間
text=坂田賢治(DMX/福岡R不動産)

昨年、10組の定員にも関わらず111 組の方にご応募いただいた糸島トライアルステイ。
募集が終わった後も「次はいつやるんですか?」という問い合わせをたくさんいただきました。
そこで、今年もやります、糸島トライアルステイ! より移住へのサポートが充実したプログラムに進化していきます。

※参加お申込みの受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!


昨年の舞台となった芥屋の海。こんなきれいな海がある場所に住んでみたいものです。

今年は前回よりも期間を延長して、6月から12月の7ヶ月間。
その期間の中で約3週間、糸島での生活を体験していただくモニターを募集します。

夏のイメージが強い糸島ですが、秋や冬にはたくさんのイベントや農作物の収穫、紅葉にカキ小屋など、それぞれの季節に魅力があります。だからこそ、ぜひこの機会に夏ではない糸島も体験していただきたい。


昨年のトライアルステイの様子。(左)地域の人とのバーベキュー。 (右)退去の時の様子。ちょうど稲穂が色づいた時でした。
そもそもトライアルステイとは

トライアルステイとは、地域の魅力的な空き家を移住希望者にお得な条件(3週間賃料500円+光熱費など)で提供し、体験居住を通して地域とのフィット感を確かめていただくプログラム。

滞在後にアンケートやインタビューなどモニタリングにご協力いただく必要はありますが、期間中の糸島での過ごし方は皆さまの自由。エリアを深く探求するもよし、人と交流するもよし、物件を探すもよしです。せっかく3週間糸島で生活できるので、ぜひこの機会を移住の準備期間に使っていただければと。もちろん、行政の担当者と福岡R不動産のスタッフが滞在のサポートも行います。今年は参加者からの要望が多い、糸島で活動する移住者の紹介や物件ツアーも行う予定です。

ここで、もう一度糸島の魅力の確認

まずは、なぜ糸島が人気なのかということを再確認。
昨年の募集の際に僕たちが挙げた糸島の魅力は以下の3つでした。

1. きれいな海などの豊かな自然環境

糸島と言えば、やはりきれいな海。福岡市内から糸島半島へ海沿いを走るにつれ、海がきれいになっていきます。海岸沿いにはいくつものビーチが点在し、海水浴にサーフィンに、バーベキューと海好きにはたまらない環境。

また、南側には脊振山がそびえ、その麓には田園が広がっているため、実は海に加えて山や田園風景も楽しめるのが糸島です。


海に山に田園風景という豊かな自然環境を、サーフィンや登山、農業とそれぞれ思い思いに楽しんでいます。
2. 福岡市中心部とのアクセスの良さ

福岡市の中心部から車で40分ほどの距離にあることを抜きには糸島の魅力は語れません。糸島は、福岡に暮らす人のビーチリゾートであり、福岡を生活圏に入れて田舎暮らしをする人の居住地・別荘地として人気を集めています。豊かな自然環境と都市への距離感、この無理のないバランスの良さがリアルに移住を検討する上で背中を押してくれます。


福岡市の中心部から40分前後という距離感。
3. 質の高いお店とイベント

糸島は新鮮な魚介類はもちろん、オーガニック野菜や糸島豚など、食材が豊富。そのため、食材にこだわったお店が様々なところにあり、さらに食べ物だけではなく陶器や木工、ガラスなどのクラフト作家が多く、工房も点在しています。

また、夏の終わりに芥屋のビーチで行われる野外フェス「SUNSET LIVE」は今や全国区、糸島のクラフト作家の作品を一堂に見ることができる「糸フェス」などのイベントも見逃せません。


糸島では様々なイベントが行われ、個性的なお店が点在しています。(左上)SUNSET LIVE。 (右上)またいちの塩。 (左下)船越のカキ小屋。 (右下)糸フェス。

福岡市に近くて、豊かな自然環境があり、質の高いお店とイベントまである糸島。これらの要素が混ざり合って、自然と寄り添ったライフスタイルを感じさせてくれるところが大きな魅力ではないでしょうか。

糸島の魅力については昨年のコラムで詳しく説明しておりますので、下記をご覧ください。
今年のトライアルステイはついに糸島へ! この夏、糸島の海辺で3週間暮らしてみませんか?