Rトピックス
箱の集合体 ~ARK CUBE~
text=本田 雄一(DMX/福岡R不動産)

福岡R不動産が企画から携わった、テナントビル建設プロジェクト。


photo:大野博之

福岡市中央区大名。福岡では、若者のファッションや遊びの中心地と言っても過言ではない象徴的なエリアだ。昨年ここに誕生したのは、小さなコンクリートの箱(キューブ)が積み上げられた一際目を引く建物。福岡R不動産も企画に携わったこの建物には、実は外観の面白さだけでない、街やお店への想いが隠れている。

2007年頃だろうか。東京から福岡にも押し寄せたファンドバブルの波は、大名という街に見事にたくさんの新築幽霊ビルを生み出した。つまり、多くの新築テナントビルが建てられ、入居する人・企業がいない、という状況だ。過剰かつ誤って評価された不動産開発がもたらした地価の上昇と巨大な空き箱の増加で、福岡で最も活気があったこのエリアに、人が少なくなってしまった時期がある。

元々、大名という街は、その名の通り元城下町の入り組んだ細い路地に魅力的な個人商店が建ち並ぶ場所。福岡、いや九州の中心・天神に隣接する非常によい立地で、古い町家やアパートを改装した店舗が多かった。アパレルでも美容室でも飲食でも、いつかは独立して大名で店を持つ、というのが若者の共通の目標。そんな志しある若者や、ファッションに敏感な人たちが集まる場所だった。


ファンド物件と呼ばれる多くの大型プロジェクトは、そんな事情もお構いなしに、作った分だけ借り手はいる、とばかりに誰が借りるんだろう? と思うような大きな物件を大きな区割りで建てていった。そして、実際には借り手はいなかった。

そんな状況で、大名の小さな土地にテナントビルを建てるプロジェクトが始まった。

まず考えたのは、
「大名にあるのは個人店であるべきで、それが街を活気づけるはず」
「若者が独立するのに借りやすく、各々の個性を出せる建物とは?」
というターゲットの絞り込みとコンセプトの基礎だった。

カッコいい建物は、資金があれば誰でも作れるが、「街にとって存在意義のある建物」であるかは別の話だ。


大名の街並み。入り組んだ路地に小さなショップが建ち並んでいる。