Rトピックス
エリアレポート 〜博多編〜 変わりゆく博多駅は裏通りに注目。
text=坂田賢治(DMX/福岡R不動産)

博多の物件のポテンシャルについてご紹介します。また、2月7日(土)~2月11日(水・祝)には空き物件を使用してハカタリノベーションカフェも開催されます!
イベントの詳細はこちら

九州の交通のハブであり、九州最大級のオフィス街でもある博多エリア。
オフィスを構えるなら福岡市内外からアクセスの良いこのエリア、という企業は多いです。

博多駅からは福岡空港まで地下鉄で2駅5分。東京や海外へのアクセスは抜群。さらに、九州一の繁華街天神までも地下鉄で3駅6分です。


2011年にリニューアルした博多駅。商業施設としても人気です。

また、2011年に博多駅ビルがリニューアルし、さらに隣の郵便局跡地も現在再開発中。その上、地下鉄七隈線が博多駅まで延長することが決まり、ますます注目度が上がっています。

よく見ると味のある古ビルがたくさん。

一方、駅から大通りを渡ると大きなオフィスビルやホテルが立ち並んでおり、正直なところ用事がないと行かない場所という印象もあります。ただ、少し裏通りに入ると味のある古ビルが現れます。パっと見はただの古ビル。それが、僕らからすると「あの建物をゲストハウスに」「このビルの屋上でビアガーデン」など色々な妄想が膨らむ宝の山。


それぞれが個性的な味を出している古いビル。テンションが上がります。

そんな古ビルを活かして、ここ数年で面白い動きが起きています。今回はその中から3つの事例をご紹介します。

Case01 古ビルをゆっくりリノベーション

まずご紹介したいのが、博多駅から西へ徒歩10分に位置する築41年の古ビル「ブルク博多駅前」。12年前に現オーナーが見つけた当時は、ボロボロで空き部屋が多い物件だったそうです。それでも、手が届く価格と、博多駅・キャナルシティ間という立地、この物件がリノベーションされた状態を想像して、購入を決意したとのこと。

そして、空いている部屋から少しずつ12年かけてリノベーションをしていたので、1部屋ずつ全く違う表情をしているのが特徴。


それぞれの部屋が違うコンセプトでリノベーションされています。

多くは住居としてリノベーションした部屋ですが、募集してみるとエステやネイルサロンといった店舗、アートスクールやNPOのオフィス等が入り、建物には活気が出てきました。

また、オーナーは自らカプセルホテルと飲食店をこのビルで経営しています。というのも、2階の100坪の空間は広すぎて借り手がいないだろうと考え、駅前の立地を活かしてホテルを開業し、1階の飲食店もビルのイメージをつくるために始めたという経緯だとか。

現在ホテルは高い稼働率でまわっており、飲食店も近所の単身赴任者が常連になっているとのこと。博多駅という集客力のある施設が近くにあることで、自分たちで運営することも選択肢の1つになったそうです。

このように、空室の多かった古ビルでも、立地の特性を活かした形態にコンバージョン、リノベーションすることで、蘇らせることを実証してくれています。


外観もリノベーションしたブルク博多駅前。現在の空室は最上階(右上)と地下室(右下)。

現在、リノベーションした住居部分と店舗部分は満室ですが、まだ手つかずの空間が地下と最上階に眠っています。2つともその剥き出し感に圧倒されますが、とてもポテンシャルを感じる空間。ご興味ある人は下記URLより物件詳細をご覧ください。

ブルク博多駅前の物件情報:
博多駅前、地下アジトに潜伏!!
アジトたるもの